2017/04/21

アーヘン

だいぶ日があいてしまいましたが。。2月からドイツのアーヘンのオーケストラにエキストラでお邪魔しています



昨年度モネ劇場で演奏したトマス・アデスの過激オペラ「Powder her face」です。ヨーロッパ各地で演奏されててかなり流行ってるみたいです。

またバスサックスとソプラノサックスの持ち替えです。バスサックス、吹くのは楽しいけど持ち運びが。。



アーヘンはベルギーとドイツとオランダの国境の街で、世界遺産もあるとっても素敵な街!


世界遺産のドム内部。




名物の堅焼きクッキー

そしてドイツの物価の安さに衝撃。。
アジア系の人も多いし暮らしやすそうー!!思わず不動産屋をチェックしました笑



しかしリハーサルが全部ドイツ語だった上に、未だにステージマネージャーとかが鬼のようにドイツ語で話しかけてくるのにはびっくり💦

オランダ語に似ているのでなんとなく分かるものの.. ドイツ語も勉強したいなーって何言語やれば済むのやら😭
ボチボチ頑張ります
スポンサーサイト
2017/02/05

スパルタクス

フランダースバレエ団とブリュッセルフィルのスパルタクスの公演に乗ってました!



元々乗る予定だったサックスの人が病気になり、5回の練習が過ぎ去った後に急に頼まれたのですがなかなか目立つソロが!しかもバレエのソリスト?とかなりシンクロしているところなので合わせるのに細心の注意が必要

なのにほぼぶっつけ本番で心臓飛び出すかと思いましたがなんとか無事全公演終了。


アントワープの劇場。大きい!!

結構色々なオーケストラでサックス吹いてきましたが今回また経験値が上がったような気がします🎷

オーケストラピットの奥底に入ってたのでバレエが微塵も見えず残念。。でしたが廊下で戯れるバレリーナ達を見て勝手に映画ブラックスワンを思い出してました


スパルタクスに感化された旦那ピーターの舞。

バレエ見たかった~落ち着いたら動画探して見よう
2017/01/05

2017年!

あけましておめでとうございます!!

クリスマスのバカンスは旦那ピーターの実家で過ごしておりました






セーター着て暖炉で温まるわんこ。

家族皆さまが極東からきた嫁が凍えないようにと暖かい靴下やパジャマやマフラーなどプレゼントに与えてくれました
ありがたや

そしてピーターからクリスマスプレゼントにクラリネットをもらいました!


うれしー腱鞘炎にならないように気をつけて練習します!

ピーターの妹達二人はそれぞれブラジルとイギリスに暮らしているのでクリスマスが家族で集まれる貴重な機会でもあります

二人とも性格が全然違うのですがどっちともいっぱい話せて楽しかった


左からピーター、私、下の義妹、上の義妹の旦那さま、上の義妹💕

大晦日はオランダ人のご近所さんにお呼ばれしてオランダの大晦日の定番Oliebollenという揚げドーナツを鬼のように食べました。

おいしーくて止まらなくてやばい!と思ったらそれもそのはず、ご近所さん昔パン屋さんだったそうで!美味しい訳ですね!!


1月1日は義祖父母の御宅でウィーンフィル見ながらシャンパン&ベルギー名物エビのコロッケ!

そのあとは夜のパーティの為に11人分の巻き寿司と唐揚げを作りました。人生で始めてこんなに唐揚げ揚げました。笑

そんなこんなで楽しかったバカンスも終了、2017年も張り切って参りたいと思います!!
今年もゆるゆる更新ですがどうぞ宜しくお願いいたします
2016/12/15

音楽院の代講

先日までフランス語圏のAthという街のアカデミー(音楽院)で代講をしていました!


Athのアカデミー

最近オランダ語の語学学校もだんだん難しくなってきていますが、語学学校のあと英語でサックスのレッスンをして、ふうーっと一息ついた時にフランス語で電話がかかってきまして。。ただでさえフランス語で電話いやなのにーしどろもどろ

とりあえず日程だけしつこく聞き返し調整して行くことに

行ったらとーっても優しい学長さんがにっこりと52人の生徒のリストを渡してきて仰天!!

なんとAthには9つも吹奏楽団やファンファーレオーケストラがあるそうで、管楽器がとっても盛んだそう。

知らなかった~わーいいですねーとか言ってたらまた衝撃の事実にぶちあたります。はいクラリネットの生徒もちょっと混ざってます。

うーーわーー来たー。。。

というのもベルギーフランス語圏のアカデミーではほとんどのところがクラリネットとサックスの先生が兼任していて、法律上もそうなっているようです。
そりゃアドルフサックスさんもクラリネット吹きでしたし発音原理は全く一緒ですが。。

そんな訳でちょっとは吹けるようになろうとクラリネットをお借りして練習

前回吹いたのはベルクのヴァイオリン協奏曲の時でした!
その時の記事です。

幸い私が代講した先生もサックス吹きらしく、クラリネットは7、8歳の本当に初心者の子しかいなかったので良かったです

ちびっこがE♭クラリネットとかカーブドソプラノ吹いてるのが可愛過ぎて萌え萌えでした

そしてあるちびっこ生徒に真剣な顔で「マダムはサックスよりクラリネットの方が上手ですね」と。。
がーん!


レッスン室。

そしてAthの分校のあるEllezellesという街にも教えに行ったのですが、魔女の町らしく、魔女のモニュメントがたくさんあってファンタジーな町でした


とにかくそんなこんなで無事代講も終了

ベルギーの音楽院で教えるの初めてだったので、いきなりフルタイムで任されて大変でしたけどシステムも分かってとってもいい経験になりました


やっぱりクラリネット吹けた方がいいな。。そしてクラリネット楽しすぎる

Facebookにも載せましたがクラリネット吹いちゃった動画を。。笑
無謀にもドビュッシーのプルミエラプソディという難曲に運指表を見ながら挑んでみました
[広告] VPS
2016/12/10

運転絶賛練習中

最近運転免許を取るべくちょこちょこ練習しております

日本では大阪市に生まれ東京都区内に住んでいて全く車の必要ない人生だったので免許を持っておらず、まさか自分が運転する日が来るとは。。という感じですが、ベルギーはなかなかの車社会で。。

ブリュッセルだけで生活してる分には特に必要ないですが、旦那ピーターの実家ニールペルト付近は車がないと生活できないし、仕事でも車がないと行けないものが増えてきて、重い腰を上げ9月から教習所へ。。

ベルギーでは免許取得方法が大きく二種類あり、筆記試験ー20時間の教習ー仮免ー本試験というパターンと、筆記試験ー指導者(親など)と練習ー本試験というパターンがあります。私は前者のパターンで教習所へ

筆記試験はフランス語で受けたのですが、交通に関するフランス語をほぼほぼ知らない状態で(ブレーキという単語さえ知らなかった)しかも交通ルールも全然知らなかったのでちょっと手こずりましたが一週間勉強してなんとか通過

その後教習通い始めたものの。。
マニュアル車難しいー!!

ヨーロッパはマニュアル車が主流なので問答無用でマニュアル車の免許を取得しないといけなかったのです。
下手過ぎて3レッスン補足され、それでもなお危険運転なのに。。仮免取得

もう公道を1人で走れてしまいます。
なんて危険なシステム
さすがにまだ1人で走るのは恐ろしすぎるのでニールペルトでピーターに付き添ってもらってちょこちょこ練習しています

けど私が下手過ぎて、毎回練習後2人ともげっそり

クリスマス休暇にがっつり練習して、ちょっとは慣れるかな~

教習通い始めた頃は早く取ってパリとか車で行くんだー!!とか意気込んでたけどだいぶ道のり長そうですちーん


仮免
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。