2017/11/02

2つのブリュッセル王立音楽院

新学期が始まってまたドタバタしておりましたが。。

この9月からブリュッセル王立音楽院でサックス科のアシスタントになりました🎷

ブリュッセル王立音楽院というのは実は2つあります。
オランダ語圏の管轄のブリュッセル王立音楽院(Koninklijk Conservatrium Brussel, 通称KBC)と、フランス語圏の管轄のブリュッセル王立音楽院
(Conservatoire Royal de Bruxelles、通称CRB)
です。管轄が違うので同じ名前ですが学長も学費も教授陣も全く違う別の学校です。
なんてややこしい。。💦

私がアシスタントをやっているのはフランス語圏の方のブリュッセル王立音楽院です。

ですが。。
実はこっそり(?)オランダ語圏の方のブリュッセル王立音楽院のクラリネット科を受験してまして、オランダ語圏の方ではクラリネットの学生です😁
といってもレッスンしか取っていないのですが😅

そんなブリュッセル王立音楽院のサックス科の来年度の入試は2018年の3月26日に行われます!!
試験曲は
学士:任意のエチュード二曲と任意の曲二曲
修士:3曲以上の多様な時代作品からなる30分程度のリサイタルプログラム(うち一曲は1950年以降の作品)

フランス語の語学証明などは必要ありませんが、授業は全部フランス語なのである程度習得する必要があります📖

ブリュッセルは文化的にも色々面白いですし適度に落ち着いていてとても過ごしやすいです😀留学に興味のある方は是非ご連絡下さい!

20171103002326789.jpg
教授アランクレパン氏とアシスタントのジョシュア、私、ピーター😀


そんな訳で始まった新生活ですが。。サックスやクラリネットを教えつつ、カルテットやオーケストラのお仕事、そしてクラリネット、ジャズ、オランダ語のレッスンを受け、と盛りだくさんになってきました😅あ、免許も取らないと。。

そんな訳で秋のバカンスは旦那、ピーターの実家でゆっくり過ごすことに決定🍄

英気を養ってまた来週から頑張ります😀
2017/08/18

ケルクラードの吹奏楽コンクール

またずいぶん振り返りに日記になりますが。。

7月はオランダのケルクラードで4年に一回開かれる吹奏楽コンクール「World music contest」略してWMCが開催されていました!

マーチング部門や吹奏楽部門、ショーバンド部門やファンファーレ部門など色々ありますが私はベルギーの二つのファンファーレオーケストラのお手伝いで出場しました。

そう、日本の吹奏楽コンクールと違ってプロがいっぱい混ざって吹いています😅

そのうちのひとつ、ピーターの地元のファンファーレオーケストラ「Kempenbloei Achel」が最高得点をたたき出しワールドチャンピオンに

結果発表の様子。

ケルクラードの町中が楽器などを飾ってお祭り騒ぎで盛り上がっていました

そしてAchelにはトラピストの醸造場もあるので後日ビールで乾杯🍻

2017/07/05

ブリュッセルフィル日本ツアー

6月はブリュッセルフィルハーモニー管弦楽団の日本ツアーでした!
母国の日本に旦那と共に演奏で帰れる最高の機会でありました
ボレロは何回も演奏したことがあるとはいえ有名過ぎるソロで最初はドキドキしておりましたが徐々に慣れ、旅も楽しむことができました!




降り番の数日間に家族や友人とも会えて大満足の旅でした
2017/07/05

初CD発売!!

ハープの村上奈菜子ちゃんとのデュオのCD、「French Impression」が6月20日に発売になりました!😆✨

サックスとハープで全編フランス音楽を収録しており、一曲ヴァイオリンの柳響麗ちゃんにも参加してもらっています🎵
沢山の人に聴いてもらえたら嬉しいです!!😊

アマゾンのリンクはこちら
https://www.amazon.co.jp/French-impression-伊藤あさぎ/dp/B0719WH592

直接ご購入も頂けます、こちらからご連絡ください
http://itoasagi.com/contact/



<収録曲>
1.アラベスク2番 / クロード・ドビュッシー 
2.亜麻色の髪の乙女 / クロード・ドビュッシー 
3.月の光 / クロード・ドビュッシー 
4.月の光 作品46の2 / ガブリエル・フォーレ 
5.シシリエンヌ 作品78 / ガブリエル・フォーレ 
6.二つの間奏曲 I Andante espressivo / ジャック・イベール 
7.二つの間奏曲 II Allegro vivo / ジャック・イベール 
8.パッサカリア(オペラ「アルミード」より) / ジャン=バティスト・リュリ 
9.クープランの墓 プレリュード / モーリス・ラヴェル 
10.クープランの墓 メヌエット / モーリス・ラヴェル 
11.アルトサクソフォンのためのラプソディ 作品92 / ピエール・ヴェロンヌ 
12.間奏曲(「アルルの女」第二組曲より) / ジョルジュ・ビゼー 伊藤康英 編
2017/04/21

アーヘン

だいぶ日があいてしまいましたが。。2月からドイツのアーヘンのオーケストラにエキストラでお邪魔しています



昨年度モネ劇場で演奏したトマス・アデスの過激オペラ「Powder her face」です。ヨーロッパ各地で演奏されててかなり流行ってるみたいです。

またバスサックスとソプラノサックスの持ち替えです。バスサックス、吹くのは楽しいけど持ち運びが。。



アーヘンはベルギーとドイツとオランダの国境の街で、世界遺産もあるとっても素敵な街!


世界遺産のドム内部。




名物の堅焼きクッキー

そしてドイツの物価の安さに衝撃。。
アジア系の人も多いし暮らしやすそうー!!思わず不動産屋をチェックしました笑



しかしリハーサルが全部ドイツ語だった上に、未だにステージマネージャーとかが鬼のようにドイツ語で話しかけてくるのにはびっくり💦

オランダ語に似ているのでなんとなく分かるものの.. ドイツ語も勉強したいなーって何言語やれば済むのやら😭
ボチボチ頑張ります