2014/09/17

ベルギーの郵便、滞在許可

さてベルギーに辿り着いて約一ヶ月が経過しましたが、住居も事務手続きも落ち着いてきました。

一度フランスに留学しているので手続きはだいたい一緒ですが、全体的にベルギーの方が規律に厳しくて仕事が早い印象です。

まず驚いたのが滞在許可証の申請。

パリ生活においては腹立たしかったものランキング上位に入ると思いますが、(ものすごい待たされるし言われたとおりに書類を準備して行っても担当者や担当者の機嫌によって色々変わる)私の住んでいる地域の区役所では非常にあっさり仮申請ができて拍子抜けしました。

道に迷って区役所が閉まる10分前に着き、もう受け付けが終了していたので必要書類だけ教えてくださいと言ったら、全部持っていたので結局受けつけてくれて、ものの5分で仮申請証をくれ後は指定の日に警察が本当に住んでいるか確認しに来てくれるのを待ってまたその後来てねとたたたーっと言われました。

足りないと思っていたし一番重要なんじゃないかと思われる住居証明(アパートの契約書など)は私の住んでいる地域はいらないと言われてびっくり。

Visaも申請から3日で手に入ったしベルギー仕事はや!!

しかし郵便がとてもややこしい。。。

税関が厳しいようで、商用でないと明記しなければ関税を請求されてしまいます。絶対に商用にはならないであろう私のブーツやらコートが入った荷物に対して170ユーロ(約二万円)の関税を請求されてしまい、「商用じゃないので計算し直してください」と言ったら、郵便局員が税関に送らず日本に送り返してしまいました。。 無駄に3回海を渡った私の洋服達。。
日本からベルギーへ荷物を送る方は是非お気をつけください!

教育課程の授業も始まりますが着いていけるか心配
頑張ります~




写真はどちらもアパートからの景色です。癒されます





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。