2014/11/14

ディナン

先週の日曜日まで、ディナンでアドルフサックス国際コンクールが行われていました。

1st prize:Nikita Zimin, Russia
2nd prize:Kohei Ueno 上野耕平, Japan
3rd prize:Asya Fateyeva, Germany
4th prize:Guillaume Berceau, France
5th prize:Nicolas Arsenijevic, France
6th prize:Takuya Tanaka 田中拓也, Japan

日本人が二人も入賞!!おめでとうございますー!!!

ちょうど一応バカンスの時期にあたっていたので、一次も二次も少しずつ聴きに行き、本選は全部聴いてきました。

本選を全部聴いて、自分がなんとなく予想した結果や周囲の感想と結果がかなり違って正直なところびっくりしましたが、それがコンクールというものですね

初の女性入賞者となったアーシャは私がパリ音楽院一年生のとき交換留学でケルンから来ていて、当時まだ10代だったと思うのですがとんでもない色気の持ち主で、さらにまた美しくなっててほんとにみとれました

パリ留学時代の仲間や日本人の方々にもたくさんお会いできて本当に嬉しかった!!

そして見事4位に入賞したギヨームのピアニストがなんと今度ブリュッセルで一緒に演奏するピアニストと知って仰天。
まだ会ったことがなくてメールのやり取りをしていただけだったので、まさかディナンで会うと思ってなくてびっくりでした!


そしてコンクール期間中の11月6日はアドルフサックスの200歳のお誕生日ということで、生誕地であるディナンの街をあげての大イベントが行われました



200人で大合奏し、サックスの生家の前でHappy Birthday to youも演奏しました

日本で5年間みっちりお世話になった平野先生も、コンクールの審査員でいらしていたのでイベントに参加していらっしゃいました。

ブリュッセル音楽院の友人、クリスティーナちゃん、先生と

自分は参加しなかったコンクールですが、熱を入れて応援しすぎて疲れてしまいました。。と言ってる間にバカンスも終了

ノエルまで頑張ります~

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。