2016/12/15

音楽院の代講

先日までフランス語圏のAthという街のアカデミー(音楽院)で代講をしていました!


Athのアカデミー

最近オランダ語の語学学校もだんだん難しくなってきていますが、語学学校のあと英語でサックスのレッスンをして、ふうーっと一息ついた時にフランス語で電話がかかってきまして。。ただでさえフランス語で電話いやなのにーしどろもどろ

とりあえず日程だけしつこく聞き返し調整して行くことに

行ったらとーっても優しい学長さんがにっこりと52人の生徒のリストを渡してきて仰天!!

なんとAthには9つも吹奏楽団やファンファーレオーケストラがあるそうで、管楽器がとっても盛んだそう。

知らなかった~わーいいですねーとか言ってたらまた衝撃の事実にぶちあたります。はいクラリネットの生徒もちょっと混ざってます。

うーーわーー来たー。。。

というのもベルギーフランス語圏のアカデミーではほとんどのところがクラリネットとサックスの先生が兼任していて、法律上もそうなっているようです。
そりゃアドルフサックスさんもクラリネット吹きでしたし発音原理は全く一緒ですが。。

そんな訳でちょっとは吹けるようになろうとクラリネットをお借りして練習

前回吹いたのはベルクのヴァイオリン協奏曲の時でした!
その時の記事です。

幸い私が代講した先生もサックス吹きらしく、クラリネットは7、8歳の本当に初心者の子しかいなかったので良かったです

ちびっこがE♭クラリネットとかカーブドソプラノ吹いてるのが可愛過ぎて萌え萌えでした

そしてあるちびっこ生徒に真剣な顔で「マダムはサックスよりクラリネットの方が上手ですね」と。。
がーん!


レッスン室。

そしてAthの分校のあるEllezellesという街にも教えに行ったのですが、魔女の町らしく、魔女のモニュメントがたくさんあってファンタジーな町でした


とにかくそんなこんなで無事代講も終了

ベルギーの音楽院で教えるの初めてだったので、いきなりフルタイムで任されて大変でしたけどシステムも分かってとってもいい経験になりました


やっぱりクラリネット吹けた方がいいな。。そしてクラリネット楽しすぎる

Facebookにも載せましたがクラリネット吹いちゃった動画を。。笑
無謀にもドビュッシーのプルミエラプソディという難曲に運指表を見ながら挑んでみました
[広告] VPS
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。