--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/04/03

パリ観光とマスタークラス

少し前のことになりますが先先週は芸大の先輩、貝沼さんと芸大の後輩、琴美がパリに来ていたので便乗して観光してきました

パリ観光って本当に楽しいです。おいしいレストランも山ほどあるし、、

Mailleで生マスタードとやらを購入したり、、、

Maille
その場で瓶に入れてくれます。

1870年創業というアンジェリーナ本店でモンブランを食べたり、、
Angelina

そして二回目のオランジュリー美術館のドビュッシー展に行き、、、

おいしい料理とワインに舌鼓。
les fines gueules
私はあんこうと茄子、先輩はイベリコ豚。ほんとーーにおいしかった!!

DU VIN!!
天気もいいしサイコーな昼下がりでございました。

琴美とはモンマルトルでごはんを食べました♪
avec Kotomi

怒涛の観光でお疲れな様子でしたがやいやい楽しかったです♪

***********************************


そしてそんな先先週は私の大好きなオランダ人サックス奏者、アルノボーンカンプ氏がパリに来ていたため、パリ郊外の町、Dreuxでマスタークラスを受けてきました。彼の一番得意とする曲、シュミットのレジェンドでの受講でした。
たまたま講演をするためいらしていたロンデックス氏も聴いてくださっていたので色々貴重な意見もうかがえて本当に勉強になりました
昔は全っ然理解できなかったこの曲、少ーしずつ前進している気がします。


ところで何気なくシュミットのことをネットで調べていたら、wikipediaに日本語だとパリ音楽院の院長を経験しているとあるのですが、フランス語では一切そのような記載はなく、歴代院長のリストにもないようで??どうなんでしょう、、、
ところでフランス語のwikipediaには「フローランシュミットのナチスへの共感」という項目があるほどそのことでも有名なようです。
音楽を勉強する上で歴史や宗教の話は避けられないですね、、、勉強しないと

Master classe d'Arno
アルノボーンカンプのマスタークラス@パリ音楽院。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。