--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/04/23

ラヴェルの家

今日は留学仲間たちとモーリス・ラヴェルの家に行ってきました。

Montfort L'Amouryというパリから電車で40分くらいの駅に行き、そこからなんと、、、徒歩45分。

でもこーんな素敵な菜の花畑もあり、楽しく歩くことができました。

colza


ラヴェルの過ごした家は、ラヴェルが生きていたその当時のままに大切に保存されています。

La maison de Ravel!
ラヴェルの家!

中でも印象的だったのは細かい細工やきれいな装飾の人形や飾りが所狭しとびっしり並んでいること、、、

de Ravel..

ロシアや中国、日本などかなり世界中の色々なものが集められているようでした。

案内人の元ダンサー、クロードさんもラヴェルが本当に大好きな様子でした。

la piano de Ravel!

ここで作曲されたのは2つのピアノコンチェルト、ボレロ、展覧会の絵のオーケストレーションなど、、
彼女が言うには、ここで「作曲」したのではない、ここで「具現化」しただけで、作曲は彼の頭の中でいつも行われていたからね、、とのこと。彼女のラヴェルへのこだわりを感じた一言でした。

le jardin de Raval

決して大きなおうちではないけれど、静かな素敵な街で、きれいな庭や、彼の美意識を刺激する大好きないっぱいの小物に常に囲まれていたんだなぁと思いました。



私もフランスにいる間に、もっといろんなものを見て、いろんな美しいものを探したいなぁと思います。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。