2013/10/20

ボレロとラテン

今日は東京シティフィルでボレロを演奏してきました♪
今回はなんとバレエ付き☆
演奏していたのでちゃんと見れませんでしたがバレリーナとっても美しかったです(*^o^*)

ラヴェルのボレロは日本でとても人気があり上演回数の多い曲で、とても有名なメロディをソロで吹くので。。。とっても緊張します。

でも指揮者の飯守泰次郎さんが、「ラテンの音楽ですから、決して緊張しないで、自由に、うねって演奏してください!」とおっしゃっていて、なるほど!!と思いました。
飯守さんは色々な国のオーケストラでボレロを演奏されたことがあるそうですが、フランスのオケはもちろん、ブラジルのオケで演奏した時がとても良かったそうです。
たった二つのメロディを延々と繰り返して、15分間のひとつの長大なクレッシェンドから成るとてもシンプルで本能的な作品。ブラジルのオケはソロも個性的で、吹きたい、聞かせたい欲求が全開の、直球勝負の素晴らしい音楽だったそうです。

「間違ったり音をかすったらどうしよう」と考えたりして良い音楽ができる訳がないし、「吹きたいように吹こう」と思うと嫌なストレスもかなり軽減された気がしました。それでも少し緊張しましたが、とても勉強になった本番でした!

コメント

非公開コメント

No title

お久しぶりです!

ちょっと前の記事に ”仙台”の文字を見て
気になっていたのですが、
いつの間にか
スケジュール更新なっていましたね!!

11/3の前売り券はローソンとかで売ってるのでしょうか?

楽しみがひとつ増えましたよ!

Re: No title

ほほさま☆

お久しぶりです♪
わー3日、いらしてくださるのですか??^^
ついに仙台に行けるの、とっても楽しみです!!>▽<

ローソンチケットや、イープラスでも取り扱いがあるようなのでコンビニでもチケット購入可能だと思います☆
女性現代作曲家に焦点を当てた演奏会で、私は一作品しか乗っていませんが、その作品もとても面白そうです♪
解説付きなので現代音楽を楽しく聴いて頂ける機会なんじゃないかなと思います。

そして来年2月にも東北サクソフォンフェスティバルでまた仙台にお邪魔するので、そちらもよければ是非ご参加くださいね♪