2014/05/09

raffiner

たまにはサックスの記事を書きたいと思います。


「raffiner」はフランス語で精錬するという意味の単語です。
曲を仕上げていく上でこの「raffiner」するのが一番難しくもあり好きな作業でもあります。

赤ちゃんが言葉を覚えるのと一緒で、伸びしろが多いときは成長が早いですが、その後日本語を極めるのってとんでもなく険しいですよね。

それと一緒で曲も読み始め、さらい始めは楽しいしどんどんできるようになりますがなんとなく吹けるようになってから突き詰めるのは非常に根気のいる作業に思います。

まあ人によってはさらーっと初めから天才的に吹けてしまう人もいますが。。
自分は残念ながら明らかに違うようです

そんな最近raffinerしているデニゾフのソナタ。試験やコンクールなどの重要な場面で何度か取り上げていますが、そんな中ふつふつと思い出が。。

忘れもしない大学三年生の夏。平野先生に現代作品への入門として練習を勧められ、練習するも全然おぼつかずレッスンへ。そして「こんなもん一週間でぱぱーっと読んでこいよ!!」と叱咤されたのは懐かしい思い出。。
今考えたら不可能ではないですが。。。
ねえ。

とか思ってたら今日デニゾフのピアノパートを弾かなければならないという悪夢で目が覚めました。
それは無理ですな。笑


でもこのああでもないこうでもない。。あのときはできなかったけど今はできるんじゃないか。。と試行錯誤しながら仕上げていくのが楽しくもあります

曲にじっくり向き合う時間を取るのって大事だなあとしみじみ思うのでした。



内容と全然関係ありませんが最近食べた新玉ねぎとパクチーとパルミジャーノのサラダ。パクチー大好き!





コメント

非公開コメント